ニュース

2020東京のオリンピックは延期で一致

(IOC)2020東京オリンピックの日程は1年ほど延期で一致

3/24日夜、安倍首相と国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長との電話会談で新型コロナウイルスの感染拡大の影響をうけ、東京オリンピックを1年程度延期する意見で一致しました。

東京2020オリンピックは当初7月24日に開幕予定でしたが、コロナウイルスの感染が世界的に流行したためこのような措置は仕方のないことだと思います。

仮にオリンピックをこの状態で開催してしまうと、選手が万全の状態で競技できなかったり、大人数の接触でさらに感染拡大が強まる恐れもあります。

しかし、東京2020オリンピックの延期は中止とまではいかずとも様々な分野への影響が出そうですね。

今回の延期は開催史上初となります。

オリンピックの延期後の開催日程はいつになるのか?

東京2020オリンピックの具体的な開催日程は現在決まってはおらず、IOCを含め、オリンピック関係者との今後の協議で決めていく模様です。

1年程度の延期となると、おおよそ2021年の7月ごろを開催の予定として考えているようですね。

東京2020オリンピックの詳細はこちらから確認できます。

東京2020オリンピック公式サイト

東京2020オリンピック公式Twitter

 

 

 

オリンピック出場選手の年齢制限はどうなるの?

オリンピックの競技には年齢制限が設けられている場合があります。

例えば、サッカー男子の場合は23歳以下といったように制限されています。

オリンピックの出場がおおよそ1年後に延期されるとなると、出場選手の年齢も変わってきます。

そうすると中には年齢制限を超える選手も出てきます。

しかし、今回の延期を受けて2020東京オリンピックに出場予定だった選手は次の日程でも参加できるとのことです。

オリンピック出場を辞退する選手も

参加可能とはいえ選手自身の状態にもよるのでとても複雑なケースとなっています。

なかには、今回のコロナウイルスの世界的感染拡大をうけて東京2020オリンピックを辞退するドイツの選手もいました。

家族や関係者のことを思っての判断だったといいます。

これ以上コロナウイルスが拡大しないことを望むばかりです。